月別: 2017年11月

水漏れの対処法

   

名称
引用元:住まいる水道 / 水漏れ修理

水回りから水漏れがあったら、まずはその原因を調べることが必要です。そして原因が分かれば、それに応じた対処をしていきましょう。ボルトが緩んでいれば締めるだけでいいですし、パッキンが古くなっていれば交換すればいいだけのことです。水回りのパーツは、劣化が早いため、こまめに交換することでほとんどの水漏れは防ぐことができるのです

また、排水管からの水漏れも、ボルトやパッキンに問題があることがありますが、洗面所のトラップのように汚れやゴミがたまりやすい構造の場合は、掃除することで水漏れが収まることもあります。こうした水漏れの修理をする場合、まずは家全体の止水栓を閉めてください。水を大元から止めることで、万が一の際も大きな事故になることがありません。

ただ、水回りの修理も専門知識や道具が必要となりますので、ある程度までの水漏れまでしか、自分では修理できません。自分の手には負えない水漏れがあれば、素人が手を出すよりは素直に修理業者を呼んだほうがいいでしょう。最近では24時間受付けの修理会社もありますので、深夜のトラブルにもすぐに対応してくれます。ただ、そういったトラブルを回避するためにも、日頃からの水回りの点検を行うことが重要なポイントとなるのです。

未分類

水漏れの原因

   

水漏れ水回りの水漏れは、なるべく早めに対処するのが望ましいのですが、まずは水漏れの原因を知っておく必要があります。蛇口や水栓からの少量の水漏れの場合、その原因としてはナットやボルトの緩みが考えられます。また、パッキンやバルブ内のパーツ、コマなどの経年劣化によるものもあるのです。こういった場合は、症状としては初期症状ですので、すぐに対処すれば、大きなトラブルになることはありません。ただ、ボルトを締めてもパッキンを替えてもまだ水漏れがする場合は、吐水口のフィルターに問題があることがあります。水漏れが収まらない場合はここを見てください。

次に、配管やパイプからの水漏れですが、ここもナットの緩みやパッキンの劣化が原因となることが多いのです。また、蛇口と壁との間からの水漏れは、排水管が詰まっているか、ねじ巻きの部分が劣化している可能性があります。

トイレのタンクの水漏れは、タンク自体にひび割れが生じていることがありますので、よく確認してください。洗面所のトラップからの水漏れに関しても、ほとんどの場合、パッキンや接合部分の緩みや劣化が原因となります。このように、水漏れには必ず原因がありますので、まずはその原因を探ることから始めましょう。

未分類

水回りの水漏れ

   

家の中で、日頃からよく使うところと言えば、やはり水回りでしょう。水が無ければ生活をしていけません。キッチンでは料理や洗い物を、洗面所では歯磨きや手洗い、そしてトイレやお風呂など、水を使う箇所は家中にあるのです。水が使えるということは、とても便利なことなのですが、ただ、こうした水回りに付き物なのが水漏れなのです。

水回りのトラブル水回りのトラブルは、生活に大きな支障をきたします。そのため、できるだけ早くそのトラブルを解消したいものでしょう。具体的には、キッチンでは蛇口からの水漏れ、シンクの下や排水管からの水漏れがあります。洗面所においては、トラップからの水漏れがありますし、お風呂ではシャワーヘッド、トイレではタンクからの水漏れというケースが多く聞かれます

こうした水漏れは、すぐに起きるというものではなく、何かしらの前兆があるものです。ただ、そういった小さな前兆に気付いていながら、そのままにしておくため大きなトラブルが起ってしまうのです。水回りのトラブルは生活自体がストップしてしまうことがあります。常日頃から、小さな変化に気付かなければいけませんし、万が一のトラブルの時のために、その対処法も知っておく必要があるのです。

未分類

水漏れと修理

   

水回りのトラブルとして最も多いのが水漏れです。水漏れの箇所としては、例えばキッチンの蛇口であったり、洗面所のトラップ、お風呂場のシャワーヘッドがあります。また、トイレにおいてはタンクからの水漏れというのもありますので、水回りのトラブルは日常的に起こり得ることと考えておく必要があるのです。

専門業者水漏れの原因としては、蛇口や水栓からの水漏れの場合はボルトの緩みやパッキンの劣化があります。こういったものであれば、ボルトを締めれば水漏れは解決しますし、パッキンであれば、ホームセンターなどで新しいものを買い、取りかえれば済むことです。また、配管やパイプからの水漏れに関しても、ほとんどの場合、ナットの緩みとパッキンやシールの劣化が考えられますので、こちらも同じように対処すれば、水漏れは収まるでしょう。このように、水漏れは自分の手でどうにか修理できるものもありますので、大きなトラブルになることもありません

ただ、トイレのタンクのひび割れなど大きなトラブルになれば、これはもう専門の修理業者に依頼するほうがいいでしょう。自分で修理をすることで、余計に水漏れがひどくなることもあります。簡単な修理でないと思ったら、すぐに専門業者を呼んでください。水漏れの修理業者はフリーダイヤルで24時間受付けのところがほとんどですので、深夜のトラブルも早急に対処してくれますので安心です。このサイトは、水漏れとその原因対処法について説明します。

未分類