水漏れの原因

0 Comment

水漏れ水回りの水漏れは、なるべく早めに対処するのが望ましいのですが、まずは水漏れの原因を知っておく必要があります。蛇口や水栓からの少量の水漏れの場合、その原因としてはナットやボルトの緩みが考えられます。また、パッキンやバルブ内のパーツ、コマなどの経年劣化によるものもあるのです。こういった場合は、症状としては初期症状ですので、すぐに対処すれば、大きなトラブルになることはありません。ただ、ボルトを締めてもパッキンを替えてもまだ水漏れがする場合は、吐水口のフィルターに問題があることがあります。水漏れが収まらない場合はここを見てください。

次に、配管やパイプからの水漏れですが、ここもナットの緩みやパッキンの劣化が原因となることが多いのです。また、蛇口と壁との間からの水漏れは、排水管が詰まっているか、ねじ巻きの部分が劣化している可能性があります。

トイレのタンクの水漏れは、タンク自体にひび割れが生じていることがありますので、よく確認してください。洗面所のトラップからの水漏れに関しても、ほとんどの場合、パッキンや接合部分の緩みや劣化が原因となります。このように、水漏れには必ず原因がありますので、まずはその原因を探ることから始めましょう。